2007年02月19日到着 安川寿之輔氏からの書簡

2010-11-14

このページについて

安川氏から書簡と資料が届いた旨の知らせを、平山氏から戴きました。

平山氏への私信ということですので、全文のアップロードはできません。ですから平山氏による内容紹介(平山氏には2007-02-19に届きました)を、下に掲載します。

2007年02月23日

02月19日、安川氏より書簡と資料が届きました。私信であるため引用はできませんが、さしさわりのない程度にその内容をお伝えします。

内容の要点は、昨年7月に安川氏が刊行された『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』の「補論」(366~371ページ)の、福沢諭吉『学問のすすめ』冒頭の一文は『東日流外三郡誌』からの盗作であるとする、古田武彦氏への支持を撤回する、ということです。訂正は、上記著書の二刷または、近刊予定の『福沢諭吉の女性観と教育論』に出されるそうです。

資料は、反天皇制運動連絡会編集『季刊運動<経験>』第20号(2007年2月・軌跡社発行・社会評論社発売)に掲載されている、池田浩士氏のロング書評『福沢諭吉という羅針盤-安川寿之輔の仕事と向きあいながら』(同誌108~130ページ掲載)の複写でした。

2007年02月23日