「同志を求む! 時事新報社説執筆者認定作業」

2013-10-28

このページについて

平山洋氏の依頼により、2012年10月28日に愛媛大学で開催された「日本思想史学 会大会」 でのプレゼンテーション資料と音声を掲載します。

資料

配布ファイル

プレゼンテーション資料
121028日本思想史学会プレゼン1030版.ppt
音声ファイル
121028日本思想史学会発表.wma

テキスト版プレゼンテーション資料

同志を求む! 時事新報社説執筆者認定作業

静岡県立大学  平山 洋

日本思想史学会大会個別発表
於愛媛大学・2012年10月28日

1 社説執筆者認定作業の現状

① 大正版全集「時事論集」224編
② 昭和版続全集「時事論集」1246編
③ 現行版全集「時事新報論集」①+②+新発見分
④ さらに草稿発見分を別巻と福澤年鑑に収録

 つまり福沢が関与したとされる社説は、
増補されたことはあっても、外されたことは、
 ない!

2 福沢無関与の証拠など提示できないから 外せない、しかし…

① 大正版・昭和版の社説を選んだのは石河幹明だけ
② どのような判断基準だったのかは、不明
③ 記憶に基づくのだとしたら、入社前の3年分をどう
  やって選んだのか
④ 文体判定ができたのなら、なぜ草稿残存108編中
  59編が大正版と昭和版から落ちているのか

石河は文体判定などできなかったか、あるいは、
福沢の社説と知っていながら未収録としたことになる

3 現行版全集「時事新報論集」は信憑性に乏しい

① 石河に判別する能力がなかったにせよ、福沢真筆と
  わかっていながら全集に収めなかったにせよ、いず
  れにしても現行版への社説採録は信じられない
② 現行版「時事新報論集」を一旦無効とし、『時事新
  報』紙面から新たに選びなおす必要がある


                 どのようにして?

4 プロジェクトの説明

① 既存のホームページ「平山洋氏の仕事」の活用
② アップ済エントリ「福沢健全期『時事新報』社説・
  漫言一覧及び起草者推定」を完成させる
  ⅰ 平山が福沢筆の可能性のある社説を「一覧」と                 
        リンクさせる
  ⅱ グーグルのサイト内検索機能を用いて、該社説
    の用語・文体が福沢と一致するかどうかを調べ
    る      
  ⅲ 一致する場合はカテゴリーⅠ(福沢真筆)の認
    定を行い、一致しない場合は他の社説記者との
    類似性を調べる
  ⅳ 社説の判定について、広く一般の意見を募る

5 まず「平山洋氏の仕事」をクリック!

① 「平山洋氏の仕事」または「平山洋関連」を検索  
  する
② 目次から「福沢健全期『時事新報』社説・漫言一 
  覧及び起草者推定」を選択
    ⅰ 掲載日・社説等タイトル、いずれでも当該社
    説等に到達できる
    ⅱ 全集収録社説については掲載全集名、草稿残
    存の有無は入力済み
③ カテゴリー判定は随時実行中
④ 訪問者としての意見は blechmusik@gmail.com まで

6 平山洋関連とはこんなページ

7「福沢健全期『時事新報』社説・漫言一覧及び起草者推定」とはこんなページ

8「起草者判定」のページから 全集未収録社説のページへとべる

① 全集収録済社説は全集で本文が読める
② 未収録の社説全てについて画像ファイルを掲載し
  て訪問者にも読めるようにする
③ 画像ファイルは随時テキストファイル化して、検
  索が可能となるようにする

実例 明治15(1882)年3月9日掲載「朝鮮国の変乱」
    の場合 <次のスライドへ続く>

9「朝鮮国の変乱」は石河が採録しなかった社説

10 表題をクリックすると 本文の画像ファイルが出る

11 画像ファイルに加えてテキストファイル化も進める=検索が可能となる

① なるべく多くの全集未収録社説をテキスト化する
② サイト内検索機能を使って判定の効率化を図る
③ より多くの研究者の協力によって、より確度の高
  い福沢諭吉の社説集を完成させる

発表者の推定では、福沢諭吉の真筆(カテゴリーⅠ)社説が、まだ数百編全集未収録と
なっている!

12 社説起草者推定の流れ

13 この方式のメリット

① 従来まで人手によって検索していた語彙や文体 
  の類似性がグーグル検索によって自動化される
② 判定作業の進捗状況が、公開の場でなされるこ
  とになり、恣意性が排除される
③ 社説のテキスト化が必須であるため、別の方式
  による判定の方法への応用が可能

14 この方式のデメリット

① テキスト化のための経費の問題
② いずれをテキスト化するかの選択が研究代表者に
  よって判断される
③ 判定が研究代表者・任意の参加者によって食い違
  う場合がある

①については、科研費を申請中
②については、現行版1500編を除く4500編をすべて
 テキスト化するのは不可能
③については、草稿がない以上判定相違は不可避


ご清聴ありがとうございました