「新議會の形勢如何」

last updated: 2015-09-13

このページについて

時事新報に掲載された「新議會の形勢如何」を文字に起こしたものです。画像はつぎのpdfに収録されています。

本文

新議會の形勢如何

昨今撰擧の模樣を聞くに各地方共に民黨々々の聲高く苟も吏黨の名を附せらるゝものは車

夫馬丁に至るまでも之を嫌ふの姿なれば今回の結果は無論民黨多數にして再度の解散は遂

に免る可らずとの説を爲すものあり盖し一種の想像説にして前回の議塲に於て所謂民黨の

所論は云々なりしが故に今回も必ず云々なる可しと想像して扨解散免る可らずとの推定を

下したるものならん目下の景况を以てすれば或は民黨の名を以て撰擧せらるゝもの多數な

るやも知る可らず我輩も強いて之に反對するものに非ざれども然れども單に民黨多數の故

を以て直に前會議塲の形勢を想像し前に斯の如くなりしが故に後にも亦必ず斯の如くなら

んとて豫め解散の事までも推定するは速了の見解と云はざるを得ず抑も明治政府の不人望

は年來施政の結果にして人心に感ずること既に深く容易に回復す可きに非ざれば議會の大

勢が常に政府の反對に走るは數の最も睹易き處にして假令ひ再三再四の改撰を行ふも其大

勢を挽回して滿塲の議員に悉く政府賛成の者を撰出するが如きは到底覺束なき所なれども

左ればとて昨年の議會の如く政府の議案とあれば一も二もなく反對し甚しきは國家經營の

事業費さへも悉皆これを否決して恰も政治を弄びたるが如きは一時の狂熱にして尋常の容

體と認む可らず現に政府に反對の念を抱きながらも此有樣を見て窃に思慮を運らし今後の

方向に就ては所見を一新したる向も少なからず又從來餘り政治に熱心せざる者の中にも之

が爲めに奮發して議會に出身するの志を起したるものもあるよし是種の人々は今日の處に

ては世間より民黨と見做さるゝのみならず自からも民黨を以て任ずることならんと雖も其

所謂民黨なるものは漫に他の言論に雷同して只管反對を事とするの故に非ず自から獨立の

意見を懷き反對す可きものは反對し賛成す可きものは賛成して立憲代議政治の美果を最後

に収めんと期するものにして今回撰出の議員には此類の人も少なからざるこおならんなれ

ば民黨多數なりとて其結果は必ずしも前回と同樣なるものと斷定す可からず且つ又事に實

際に就て云はんに假に今回の撰擧の結果は前回と同一樣にして格別の相違なしとするも議

塲の趣は自から變化を催すの事情なきを得ず抑も撰擧の爭は傍觀者の目には面白く愉快に

見ゆれども當局者の身に取りては容易の事に非ず第一その爭は郷黨間の爭にして之が爲め

には朋友知己の間に敵味方の關係を生じて平常の交情を損するは申す迄もなく甚しきは親

戚同志の間に相爭ひ尚ほ甚だしきは一家骨肉の間にも爭を生じて家庭圓滿の和森〔ルビ・

らく〕を欠きたるの例さへなきに非ず尚ほ其上にも爭に必要なるは運動の費用にして前回

の例に據れば多きは一萬圓以上少なきも二千圓に下らずと云ふ撰擧一回の費用は中人一家

の産を破るに充分なりと云ふ可し左れば斯る苦境を切抜けて纔に當撰したるものが如何に

物數奇なればとて國會の解散を希望して一年の間に其苦を再びするは普通の人情に於て難

しとする所なり現に昨年の始末と雖も自から解散を望んで之を得たるものに非ず中心には

掛念しながらも知らず知らず興に乘じて事の茲(玄+玄)に至りたるものにこそあらんな

れば假令ひ民黨の人とても實際に解散を希望するものはある可らず既に之を希望せざると

きは議塲の言論は自から着實に傾きて前回と其趣を異にせざるを得ず又政府の方に於ても

解散は覺悟の前にして之を再三するも厭ふ所に非ずとは云ふものゝ實際に其結果を見れば

中々容易ならずして昨年の始末も畢竟萬、止むを得ざるに出でたるものなれば再三の斷行

は餘ほど思慮を運らして然る後の事なる可し左れば民黨も政府も其内情を叩けば何れも解

散を好むものに非ず成る可く無事に經過せんとするこそ其本心なる可ければ新議會の景况

は勢、一變して着實の言論を見ざるを得ず即ち我輩が世人の想像に反し新議會の形勢は案

外、穩にして再び解散の不幸を見るが如きことなかる可しと敢て自から信ずる所以なれど

も是れとても亦一種の想像に過ぎず兩種の想像何れか實際に近きや否やは一般の判斷に任

ずるの外なきなり