「民黨の前途」

last updated: 2015-12-26

このページについて

時事新報に掲載された「民黨の前途」を文字に起こしたものです。画像はつぎのpdfに収録されています。

本文

民黨の前途

一兩年來の政况を察するに所謂民黨の所論は餘りに急激に走りて頗る一般の人氣を失ひた

るものゝ如し盖し民黨は最初より取て代はるの一事を目的として飽くまでも政府の失策を

攻撃し人心の離るゝに乘じて一時に志を逞ふせんとするの希望なりしならんなれども政府

の地位は案外に固くして容易に目的を達することを得ざるのみならず漫に急激の論を唱へ

て之を實にする能はざるより却て自から厭はるゝに至りたるこそ是非なき次第なれ左れば

進んでは其希望を達する能はず退いては人心を収むる能はず進退共に不可なるは正に民黨

况の境遇にして或は後來の成行を氣遣ふものもなきに非ざれども我輩は民黨の前途甚だ多

望なるを疑はずして今日は决して落膽失望す可きの時に非ざることを其人々に勸告せんと

するものなり抑も民黨本來の主義は敢て政權の授受を爭はんとするものに非ず唯日本の政

治上に改進々歩の新主義を導き專制の舊政弊を一掃して文明自由の政を行はんとするの目

的にして彼の自由黨の如き改進黨の如き其主義綱領に宣言する所は素より此目的に外なら

ず左れば實際の擧動に就ては幼稚なる政黨の常として多少の非難は免る可らずと雖も政治

上に進歩の主義を執るの一段は我輩の大に望を屬する所にして殊に立憲政治の今日に於て

は更に一層の盡力を望まざるを得ず即ち今の時代は漸く專制の舊習を脱して正に文明立憲

の門に入らんとする大切の機會なれば新主義を代表するの任に在るものは細に事の關係に

注意して着實に運動し深く其主義を愛護して無事の成長を謀るこそ當然なるに然るに其

人々が事に當りて成功を急ぎ國會開設の一擧に滿腹の得意を催ほして百年の計を一朝に决

せんとしたるは智慮經驗の足らざるものと云はざるを得ず例へば政府の改革に就ても其宿

弊は年來の病にして恰も慢性の症に陷りたるものなれば治療の方法は成る可く徐々にして

始めて效を奏す可きに突然激劑を施して却て病を激せしむるの危險を悟らざりしが如き又

責任内閣の制は西洋文明國に於ても數十百年の經驗を閲して習慣を成したるものを咄嗟の

間に試みんとしたるが如き何れも智者の事と云ふ可らず其言ふ所行ふ所に伴はずして徒に

急激に走り世間の人氣を失ひたるも素より其所にして怪しむに足らざれども之が爲めに一

般の世人をして進歩の主義と云へば民黨の口實なるが如く又過激破壞の別名なるが如くに

思はしむるに至りたるは我輩が民黨の爲めに惜しむ所なり畢竟その人々が年少氣鋭、事の

易きを見て其難きを察せず一氣呵成に目的を達せんとして斯る失策に陷りたるものなれど

も既往の事は今更ら如何ともす可らず自今以後は其身構を改め着實に運動して過を再びせ

ざるの用意こそ肝要なれ其運動着實にして苟も守る所を變せざるに於ては次第に人氣を回

復して局外の士人中にも同情を表するものあるに至る可きは申す迄もなく元來政治上の變

化は遲きが如くにして却て速に其進歩は往々人の意想外に出るの常にして大勢の赴く所は

留めんと欲して留む可らず次第に從來の宿弊を去りて遂に文明進歩の實を見るに至るの期

も敢て遠きに非ざれば民黨の人々は漫に事を急にして其勢を逆行せしむるの愚を爲さず須

らく其望を大にして未來の好結果を収むることに勉む可きのみ且又その一身の爲めに謀る

も我輩の所見を以てすれば前途の望决して少なからず今日の有樣に於て責任内閣の實行は

容易に望む可らずと雖も當局の老政客を見れば何れも五十以上五十近き年齢にして單に生

理より云ふも政治上の生活は最早や長きを期す可らざるや明なり老政客いよいよ老して事

に堪へず端なく更迭の機運を催ほすに當り扨その後任者を如何す可きやと云ふに政府部内

には二流三流の政客もありて自から其人に乏しからざる可しと雖も政界の進歩は今日の事

態を一變して政府の地位は獨り其部内の專有を許さゞるのみならず殊に政黨の人人も漸く

自から省みて年來の擧動に人氣を回復して世間の信用も盛なるに至れば其人々を外にして

政府を組織することは到底行はる可らず即ち政治上に一大變化を致すの時にして少なくも

朝野聯立の内閣を見ざるを得ず而して其時節到來の機は近くは三五年遠くも十年を出でざ

るは數の明白なるものなれば前途の望决して空漠なりと云ふ可らず民黨の人々が其時に至

り果して圓滿の結果を収むるや否や唯今後の擧動如何に在るのみ我輩は其人々が從來の擧

動を改めて着實を旨とすると同時に其守る所を永く失はずして前途の望を空ふせざらんこ

とを希望するものなり