「人生恨事多し」

last updated: 2015-09-07

このページについて

時事新報に掲載された「人生恨事多し」を文字に起こしたものです。画像はつぎのpdfに収録されています。

本文

人生恨事多し

衆議院の停會を命ぜられたるは條約厲行建議案及び千嶋艦事件上奏案云々の爲めなりと云ふ果して然らば停會を命じたる政府の意向將た停會を命せらるゝ迄に進行したる議會の内情如何に拘はらず表面上の衝突は外交政策に關する官民の衝突にしてツラツラ回顧すれば其今日あるも亦自から偶然ならざるが如し抑も我國が條約を改正して外交上の屈辱を雪がんとは多年來官民一致の大願にして種々の苦心經營も皆これを成就せんが爲めに外ならざりしが時勢意の如くならず遲々歳月を空過し來りしより在野一種の政治家輩が世の攘夷的思想を煽起して恰も改正事業の至難なるをば知らざる者の如くし眞正面に政府の措置を攻撃して當局者をして内外板挾みの窮境に立到らしめたるは正に昨今の状勢なり從來は當局者も成る可く事を穩便ならしめんとして人民に對しては改正事業に着手しつゝある樣の觀を裝ひ外國に對しても亦閒が隙がな其同意を引くに油斷なかりしならんと雖も内の事情も整ひ兼ねて思ひ切つたる談判にも及ぶ能はざりしに今や彌縫の策も盡きて停會以て議會の言動を鎭撫せんとするの場合に至りたる次第なれば假令ひ一時は之によりて聊か休息を得るにもせよ遠からず再度の動搖を釀さんは必然なるのみか却て鎭撫策に激せられて反動の氣勢を增すことならんなれば爰に外政上に新生面を開きて兔も角も議會に應接するの妙案を得るに非ざるよりは到底その抵抗に堪へざることなる可し攻撃論者の言ふ所は元是れ攘夷的思想に根據を托するものなれば其の氣焔鉾鉈の向ふ所單に政府に止まらず眼を轉じて外國外人を惡み延いて國際の難事を生ぜんことも亦知る可らず其性質極めて危險なるものと云ふ可し從來民閒の政治家輩が專ら藩閥情實云々を以て政府を攻撃するの辭柄となし來りしが此の如きはツマリ人民同士の事にして甲乙丙丁唯その起伏に任するも不可なけれども對外的の事件を以て武器となすの爭に至りては政府も亦これを遇するに内爭を處すると同一の筆法を以てす可らざるなり

扨然らば之を如何せんと云ふに我國の所望は本來對等條約に外ならざるが故に此目的を達するを得ば現條約厲行の如き素より其用を見ざる譯なれども不幸にして對等は實際に行はるゝの見込なければ一歩にても對等に近寄るを以て目的と爲し而して一方に於て現條約の施行餘りに弛廢するは却て改正の進路を妨るの障害となるが故に所謂強硬主義を採りて國法の體面を全ふす可し即ち強硬と云ふも彼の攘夷的論者の如くならずして畢竟改正の目的を達するの方便として自重の事實を示すに止まるのみ空論放言は之を弄するに勝手なれどもイヨイヨ實地談となれば此邊こそ頂上にして彼の厲行論者の中にても少しく心ある者は竊に胸に頷きつつあることならん是に於て我輩は去る明治二十二年に於ける大隈伯の條約改正事業を回想して轉た遺憾なき能はず伯は現條約を實施するの點に於て強硬の主義を取りたる者にして強硬の文字は實に伯の政策を評するに始まりしなり伯は條約を改正するの點に於て未だ完全ならずと雖も其案は著しく進歩したるものにして十二箇年の後に於て對等に達するの期限を約したり若しも當時首尾よく成功を告げたらんには對等を期望するにも待甲斐ありしならんに不幸にして其事行はれず今や對等條約を締結するか現條約を厲行するか二ツに一ツの外なきが如き頗る急迫の境遇に會したるこそ遺憾なれ當時伯の改正案を攻撃したる朝野の論客とても指を屈すれば爾來最早や六箇年ならんとして伯が約束したる十二箇年の期限も殆んど半を過ぎんとすることなれば自から顧みて烏兔の匆々たるに驚くことならん而して事業の成績を問へば依然として對等の域に達せざる上に今また再び伯の筆法を襲用するの外他策なきに至りたりとは是れ豈人生の恨事と云はずして何ぞや然りと雖も大隈伯は當時に在てすら反對の攻撃を受けて殆んど其身を危ふしたり況んや今日に於て聊かにても不滿足なる改正をなすことあらば必ずや非常の激動を釀さんこと復た疑を容れず今の當局者中果して此渦中に身を投じて勇斷するの決心ありとするも現内閣は既に外交上に於て充分の滿足を與へんことを宣言したることなれば今更ら明治二十二年の昔に遡らんとするも事情の許さゞる所なるべく左ればとて對等條約の見込もなき上は是非に及ばず爰に端緖を改めて大英斷なかる可らず其委細は閣員の心に問ふて發明する所ある可し或は是れも能はずとせば對議會策の困難なるは實に從來の比に非ざるに至る可し我輩は敢て政府の維持の爲めに立言するに非ず内閣の安危は憂るに足らずとするも唯今日の如き優柔不斷にては天下一般に攘夷的思想の極度に奔らんことを惧るゝのみ