「帝室と國民」

last updated: 2015-09-07

このページについて

時事新報に掲載された「帝室と國民」を文字に起こしたものです。画像はつぎのpdfに収録されています。

本文

帝室と國民

帝室を政治以上に置き奉る可きは勿論のことにして何人も異議はある可らず政治以上に置き奉るとは政界の黨派の如きは申す迄もなく官民朝野の如何に拘はらず社會全般に恩德を遍からしめらるゝの意味にして此點よりすれば帝室と國民とは成る可く相近いて情意相通ずるの有樣こそ望ましけれ然るに今日の情態を見るに立憲政治の本色として人民の言路は甚だ自由に事として言ふを得ざるものなく言ふて聞えざるものなし政治上には毫も疎格の患を見ずと雖も一般の國民が帝室に對し奉りて竊に遺憾に思ふ所のものは九重雲深くして宮中の御消息に就ては窺ひ知ること甚だ稀れに恐れ多くも時として玉體の御不豫に渡らせらるゝことさへも後にて承知するかせざること多し臣民の情として安んぜざる所なり隨て又宮内省の官吏の如きも他と別にして恰も物外に在りて世と相關せざるの有樣なるが故に其擧動も甚だ分明ならず過般云々の世評なども只評論のまゝに一任して眞僞を知るに苦しむが如き帝室には關係なきことなれども實際には甚だ妙ならざるが如し要するに帝室の恩德を社會全體に遍からしめ國民をしていよいよますます親み奉らしむるには平素の御起居御擧動までも成る可く一般の耳目に達して臣民たるものゝ至情を安んぜられんこと最も喜ぶ所なる可し

尚ほ帝室を政治以上に置き奉る可き事に關して爰に注意す可きは帝室と政府との關係なり世閒の説に據れば政府の大臣は定額の俸給の外に別に帝室より金圓の恩賜わり前年經費節減の際に辭意したれども優諚なる仰に由りて其儘に付したりと云ふ畢竟今の大臣の俸給は割合に少なくして其地位面目を保つに不足勝なるより其邊の事情を察せられて特に恩賜の御沙汰あることならん誠に難有き次第なれども本來政府の官吏は大小に論なく國務に鞅掌して其勞力に酬ゆ可き俸給は國庫より受く可き筈のものなれば其俸給にして身を支ふるに足らざるときは須らく之を要求して正常に支出せしむ可し〓〓の必要とあれば何人も異議はなきことならん帝室より臣民への恩賜は素より當然のことにして敢て云々す可き所に非ざれども特に大臣に限りて俸給不足の爲めに恩賜とありては國民に於て甚だ相濟まざる次第なれば之を辭し奉ること相當なる可し又國家に勳功ある云々の爲めに華族に列せらるゝものゝ如きも其爵位に議〓て〓〓〓も少なからざる金額を賜はる〓〓なれども國〓〓〓〓〓〓を以て金を與ふるの必要あらん〓〓〓〓〓〓〓〓〓素より〓出す可し馬車の〓〓〓〓〓の〓〓〓〓〓〓〓〓〓なきことなれば授爵者に限り〓命に〓〓〓恩賜を夥うするが如きは宜しく考ふ可き處なり只〓是等の事は孰れかと云へば帝室を政界に〓〓し〓〓しむるの多きを免れずして〓〓〓〓〓〓可〓〓〓〓〓ず今の〓〓〓〓如き〓〓に〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓は〓處〓〓〓〓〓にして〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓果し〓〓〓〓〓〓先づ〓〓〓〓〓〓政界〓〓〓〓〓〓率先せん〓と〓〓に場〓〓〓〓り